埼玉県立嵐山史跡の博物館
 鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡のなかにある博物館です。
 
畠山重忠像
 畠山重忠公
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。
菅谷館跡の二ノ郭にある土塁の上に建っています。
 
埼玉県立嵐山史跡の博物館
〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:
 
1694167
2010年7月23日~

お知らせ

① 展覧会情報_企画展「越山―上杉謙信侵攻と関東の城―」を開催中です

武田信玄との戦い、加賀・越中の一向一揆などのリスクを抱えながらも、17回に渡り、上越山脈を越えて関東に侵攻した上杉謙信の戦い「越山」を考えます。
詳しくはこちらへ→



② 12月1日(土)より、特別講演会「戦国武将と城郭」の申し込み受付を開始しました。
戦国武将や城郭に詳しい静岡大学名誉教授で日本城郭協会理事長の小和田哲男氏による講演会です。
詳しくはこちらへ→
 

続日本100名城スタンプラリーの実施について

 当博物館の建つ国指定史跡「菅谷館跡」は、日本城郭協会より、「続日本100名城」に認定されました。そして、同協会の主催により、平成30年46日(城の日)から、続日本100名城スタンプラリーを開始しています。
 菅谷館のスタンプは、博物館の展示室受付に設置しています。
 入館時間(=捺印できる時間)は、9:00~16:30(入館は16:00まで)です。
   ただし、7月1日~8月31日は、9:00~17:00(入館は16:30まで)です。

 
月曜日、12月29日~1月3日、企画展の会期前後[今年度は、平成30年11月27日(火)~同30日(金)、平成31年2月19日(火)~同21日(金)]など博物館の休館日は、捺印できませんので、ご注意ください。

 ※ スタンプ帳つきの公式ガイドブック 『続日本100名城 公式ガイドブック』(日本城郭協会監修:本体価格1600円)は、書店で、2018年1月12日より販売されています。なお、当館内では販売しておりません。
 
新着情報
◆12月7日(金) 館跡花だより「古城の四季と花だより」を更新しました。
◆12月1日(土)より特別講演会の参加申し込み受付を開始しました。

◆12月1日(土) 本日より平成31年2月17日まで、ロビー展示『企画展関連比企城館跡群と戦国時代後半』
を開催します。ご好評いただいた「比企の文化財写真展」は11月25日(日)をもって終了しました。
◆12月1日(土) 本日より企画展「越山―上杉謙信侵攻と関東の城―」を開催しています。是非ご来館ください。
◆11月30日(金) 館跡花だより「古城の四季と花だより」を更新しました

《以下、ダイジェスト掲載》
◆7月17日(火) 館跡花だよりに菅谷館跡自然散策mapを追加しました。
◆6月12日(火)「館跡花だより」が新しくなりました。館跡に咲く花を季節毎に紹介するほか、今年の花や自然の情報ヤマユリ開花情報、過去の花や自然の情報をお届けします。
◆平成30年4月26日(木) 平成30年度のロビー展開催予定一覧を掲載しました。
◆ 平成30年4月6日(金) 本日より、続日本100名城スタンプラリーを開始しました。
◆ 平成30年3月30日(金) 平成30年度催物案内を掲載しました。
◆ 平成30年3月30日(金)  展示ガイドアプリを公開しました!
◆ 平成30年2月23日(金) スポット展「中世のものづくり‐板碑の製作」が始まりました。
◆ 平成29年5月12日(金) ガイドブック3「秩父氏の歴史」を刊行しました。好評販売中!
◆ 平成29年4月30日(日) 埼玉新聞に菅谷館跡の記事が掲載されました。
◆ 平成29年4月9日 4月 6日(木)に菅谷館跡が「続日本100名城」に選定されました。
 
お知らせ
歩きながらスマートフォンを操作する「歩きスマホ」は、大変危険です。
また、館跡内の立入禁止の場所(土塁・堀)には入らないでください
菅谷館内の砂利道は公道(= 嵐山町道)であり、駐車・停車できません。
皆様の、御理解・御協力をお願いします。
コバトン
 
関連リンク  サイトマップ   
(c)Copyright 2016 Saitama Prefectural Ranzan Historical Museum . All Rights Reserved.
 



菅谷館跡

館跡花だより