臨時休館について

11月28日(火)から12月1日(金)までの期間、企画展「武蔵武士とその本拠」開催準備のため、休館します。27日(月)は通常の休館日です。
 

臨時開館について

12月4日(月)は臨時開館いたします。 企画展「武蔵武士とその本拠」の観覧に、ぜひお越しください。
 

「武蔵武士 再発見」関連催し物のご案内

 当館は、地域に残された文化財を保存・普及・活用する目的で、今年度、文化庁の支援を受け、埼玉県立熊谷図書館・早稲田大学・独立行政法人国立女性教育会館・埼玉県比企地区文化財振興協議会・児玉地区文化財保護行政担当者会・中世を歩く会と連携し、「武蔵武士 再発見」のテーマのもと、下記の催し物を実施いたします。
 ※ 武蔵武士とは、武蔵国(埼玉県・東京都と神奈川県の一部)を本拠として平安時代末期から南北朝時代の終わりまでの時期に活躍した武士のこと。

  実施内容の詳細は、こちら(チラシ)をご覧ください。

  また、当館主催の催し物に参加を希望される方は、こちらをご覧ください。
   * 12月15日(金) 講演:鎌倉時代の「後家尼の力」、講演:「比企尼(ひきのあま)」
   *  12月23日(土・祝)企画展関連講演会「中世武士の本拠と本領」
   *  平成30年1月27日(土)・28日(日)シンポジウム「武蔵武士とその本拠」
    催し物ごとにお申込みください。はがき1通で、複数の催し物の申し込みはできません


   *  平成30年2月9日(金) バスツアー「武蔵武士の本拠を訪ねる」
       こちらは詳細が決定次第、お知らせいたします。


 
新着情報
11月10日(金) シンポジウム(30年1月27~28日)の実施内容を公開しました。 申し込みは12月1日からです。
11月9日(木) 県民の日(11月14日)に、「子供遊び体験!」を実施します。
11月8日(水)企画展「武蔵武士とその本拠」の実施内容を公開しました。
◆11月7日(火) 臨時休館のお知らせ。
  11月28日(火)から12月1日(金)まで
の期間、企画展「武蔵武士とその本拠」開催準備のため、休館します。
11月3日(金) 企画展「上杉景勝の生きた時代の刀」開催中。会期は11月26日(日)まで。あわせて、第60回埼玉県名刀展関連ロビー展も開催。
 ※ 常設展示室で企画展を開催していますので、企画展会期中は、畠山重忠・比企4城(菅谷館・杉山城・小倉城・松山城)・板碑などの展示はありません。
11月1日(水)企画展関連講演会の受付開始(12月5日当館必着まで)


《以下、ダイジェスト掲載》
10月2日(月) 第60回埼玉県名刀展「上杉景勝の生きた時代(1556年~1623年)の刀」関連実演会の実施内容を公開しました。
◆9月15日(土) 文化庁支援事業「武蔵武士 再発見」に関する当館主催の催し物についての内容・申し込み方法などについて公開しました。上記から該当項目をクリックして入ってください。
5月12日(金)ガイドブック3「秩父氏の歴史」を刊行しました。好評販売中!
4月30日(日)埼玉新聞に菅谷館跡の記事が掲載されました。
4月 9日(日)菅谷館跡が「続日本100名城」に選定されました。
 
お知らせ
歩きながらスマートフォンを操作する「歩きスマホ」は、大変危険です。
また、館跡内の立入禁止の場所(土塁・堀)には入らないでください
菅谷館内の砂利道は公道(嵐山町道)であり、駐車・停車できません。
皆様の、御理解・御協力をお願いします。
コバトン
 

自動販売機設置業者の公募結果について

標記の件について、下記のとおり結果がでましたのでお知らせいたします。

◎公募自動販売機数:1台
◎公募参加者数:3者
◎設置事業者決定日:平成29年2月14日
◎物件番号別設置事業者名 物件番号1:FVイーストジャパン株式会社
◎物件番号別設置事業者の総合評価得点 物件番号1:91.0点

 
関連リンク  サイトマップ   
(c)Copyright 2016 Saitama Prefectural Ranzan Historical Museum . All Rights Reserved.
 

H29催物案内

菅谷館跡

館跡花だより