埼玉県立嵐山史跡の博物館
 鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡のなかにある博物館です。
 
畠山重忠像
 畠山重忠公
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。
菅谷館跡の二ノ郭にある土塁の上に建っています。
 
埼玉県立嵐山史跡の博物館
〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:
 
1688232
2010年7月23日~

平成30年度

平成30年度は、「戦国時代の城館を訪ねる」を共通テーマに3回実施します。

(1)第86回 平成30年6月1日(金) 募集は締切ました 
        内容は、下記を参照ください。
(2)第87回 平成31年2月8日(金)  12月1日(土)より参加者募集
        内容は、決定次第お知らせします。
(3)第88回 平成31年3月15日(金) 1月4日(金)より参加者募集
        内容は、決定次第お知らせします。

◆第86回  「忍城攻防の跡をめぐる」  参加者募集は申し込み期限を過ぎましたので締切ました
【内容】天正18年(1590)の豊臣秀吉による小田原城攻めの際、忍城は、秀吉の家臣・石田三成により包囲され、水攻めをうけて7月14日に開城した。今回は、石田堤の跡と、忍城など忍城攻防にゆかりのある史跡を訪ねる。
【日時】平成30年6月1日(金)  9:30~15:00
【集合場所】JR高崎線 北鴻巣駅東口
【解散場所】行田市郷土博物館前
【おもな見学場所】石田堤、丸墓山古墳(石田三成が陣を構えたところ)、水城公園(忍城の堀跡)など。昼食は、埼玉県立さきたま史跡の博物館を予定。
【費用】100円(傷害保険料100円)
【定員】40名(応募者が定員を超えた場合は抽選)
【申込】4月1日(日)~5月15日(火)の間に往復はがきにて申込。
往復はがきに(1)文化財めぐり1参加希望、参加者全員の(2)氏名、(3)住所、(4)電話番号、(5)年齢を明記のうえ、5月15日(火)必着で嵐山史跡の博物館へ送付してください。はがき1枚で2名まで申込みできます。
 

平成29年度

 平成29年度は、「武蔵武士の本拠を訪ねる」を共通テーマに3回実施しました。

◆第85回  「丹党加治氏の遺跡を巡る」  了しました
【内容】武蔵武士加治氏・中山氏の菩提寺であり加治氏ゆかりの仁治2年銘、同3年銘の板碑を所蔵する智観寺を中心に周辺地域の文化財を訪ねる。
【日時】平成30年3月16日(金)  9:20~15:30
【集合場所】飯能市民会館202会議室(住所:飯能市飯能226-2   電話番号:042-972-3000)
         ※ 西武池袋線「飯能駅」徒歩15分
            西武秩父線・JR八高線「東飯能駅」徒歩25分
【解散場所】西武秩父線・JR八高線「東飯能駅」西口
【日程】  9:20  飯能市民会館202会議室 受付
       9:45     日程及び概要説明
      10:00  出発
      10:10  能仁寺(~11:00)
        11:10  飯能市民会館 《休息・昼食》(~12:00)
      12:30  智観寺(~13:40)
      13:55  中山館跡
      14:35  加治神社(~14:55)
      15:30  東飯能駅
【費用】400円(保険料100円、能仁寺拝観料300円)
【定員】40名(応募者が定員を超えた場合は抽選)
【申込】2月6日(火)~2月21日(水)の間に往復はがきにて申込。
往復はがきに(1)文化財めぐり1参加希望、参加者全員の(2)氏名、(3)住所、(4)電話番号、(5)年齢を明記のうえ、2月21日(水)必着で嵐山史跡の博物館へ送付してください。はがき1枚で2名まで申込みできます。

◆第84回 「児玉党諸氏の本拠」バスツアー  終了しました
 内容は、バスツアーを参照ください

◆第83回  「秩父氏の本拠を訪ねる」 終了しました
【内容】菅谷館跡の主、畠山重忠のルーツである秩父氏の本拠を訪ねます。菅谷館跡をはじめ、源義賢が居住したという伝承のある大蔵館跡や畠山重忠の曾祖父である秩父重綱と密接な関係がある平沢寺などを巡り、詳しい解説をします。
【日時】平成29年5月26日(金) 10:00~15:30
【集合・解散】嵐山史跡の博物館
【費用】100円(保険料)
【定員】40名(応募者が定員を超えた場合は抽選)
【申込】4月1日(土)~5月9日(火)の間に往復はがきにて申込。
往復はがきに(1)文化財めぐり1参加希望、参加者全員の(2)氏名、(3)住所、(4)電話番号、(5)年齢を明記のうえ、5月9日(火)必着で嵐山史跡の博物館へ送付してください。はがき1枚で2名まで申込みできます。