中世の城と武士の博物館
埼玉県立 嵐山史跡の博物館

鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡の中にある博物館です。

 
畠山重忠公像写真
畠山重忠公像
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。菅谷館跡のニノ郭にある土塁の上に建っています。
 

埼玉県立嵐山史跡の博物館

〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:s625896@pref.saitama.lg.jp
アクセス
 
1793028
2010年7月23日~

ベストコレクション8 蔵骨器


 
 
 
資料名 : 蔵骨器(瓦質陶器)
ふりがな : ぞうこつき(がしつ・とうき)
作 者 : 不明
寸 法 : 胴径22.5cm  高16.5cm   
年 代 : 室町時代
種別形態 : 考古・須恵器系陶器
文化財の指定 : なし
地 域 : 比企郡川島町下伊草
 
解 説 : 川島町下伊草の越辺川(おっぺがわ)に隣接した東福院(とうふくいん)の墓所から出土したものです。上野国(群馬県)から武蔵国(埼玉県)にかけての地域で製作されたものと考えられます。形態から14世紀代の製品と推定されます。やや軟質な仕上がりです。骨を納める蔵骨器として使用されていました。(収蔵資料番号) SHI1978-043-04