中世の城と武士の博物館
埼玉県立 嵐山史跡の博物館

鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡の中にある博物館です。

 
畠山重忠公像写真
畠山重忠公像
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。菅谷館跡のニノ郭にある土塁の上に建っています。
 

埼玉県立嵐山史跡の博物館

〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:s625896@pref.saitama.lg.jp
アクセス
 
1793025
2010年7月23日~

ベストコレクション10 芝居絵「出世景清(景世・重忠・阿古屋と娘の人丸)」


 
 
資料名 : 芝居絵「[壇浦兜軍記(景清・重忠・阿古屋と娘の人丸)]」
ふりがな : しばいえ「[だんのうらかぶとぐんき(かげきよ・しげただ・あこやとむすめのひとまる)]」
作 者 : (画)歌川豊国・ (版元)
寸 法 : 縦37.5cm 横76.5cm(大判錦絵三枚続)
年 代 : 江戸時代/改印:名主両人双印=弘化4年(1847) ~ 嘉永5年(1852)→弘化4年(1847)
種別形態 : 古美術・浮世絵(木版画)
文化財の指定 : なし
地 域 : 江戸
 
解 説 : 畠山重忠が登場する歌舞伎(かぶき)の名場面を描いたものです。歌舞伎に登場する重忠は、知に優れ、情けに厚い武将として扱われています。弘化4年、江戸の森田座で上演された歌舞伎を描いたものです。(収蔵資料番号) SHI1977-057-01~-03