畠山重忠公像写真
畠山重忠公像
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。菅谷館跡のニノ郭にある土塁の上に建っています。
 

埼玉県立嵐山史跡の博物館

〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:s625896@pref.saitama.lg.jp
アクセス
 
1767154
2010年7月23日~

ギャラリー5 板碑未製品

 
 
資料名 : 板碑未製品 
ふりがな : いたび・みせいひん
作 者 : 不明
寸 法 : 高24.0cm 最大幅18.4cm 厚1.2cm  
年 代 : 南北朝~戦国時代か
種別形態 : 考古・緑泥石片岩製塔婆
文化財の指定 :なし
地 域 : 比企郡鳩山町赤沼
 
解 説 : 作成途上で下部が破損してしまったため廃棄された板碑の未製品です。板碑頭部の山形は、丸ノミで刻みを付けてから割り取ったことがわかります。また、この板碑の正面は、平坦にするため平ノミで加工した押し削りとは異なる痕跡が残されています。 (収蔵資料番号)SHI1978-44-85。 『埼玉県板石塔婆調査報告書』所収26-94-86