畠山重忠公像写真
畠山重忠公像
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。菅谷館跡のニノ郭にある土塁の上に建っています。
 

埼玉県立嵐山史跡の博物館

〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:s625896@pref.saitama.lg.jp
アクセス
 
1767150
2010年7月23日~

ギャラリー8 康永二年銘観音種子板碑


 
 
資料名 : 康永二年銘観音種子板碑 
ふりがな : こうえいにねんめい・かんのん・しゅじ・いたび
作 者 : 不明
寸 法 : 高40.0cm 最大幅14.0cm 厚2.1cm  
年 代 : 南北朝時代・康永2年(1343)
種別形態 : 考古・緑泥石片岩製塔婆
文化財の指定 : なし
地 域 : 不明
 
 
解 説 : 主尊に観音菩薩(かんのん・ぼさつ)の種子「サ」を刻む板碑です。観音は、衆生(しゅじょう)の声を聞き、その求めに応じて救いの手をさしのべる菩薩として多くの信仰を集めていました。採集地は不明(坂戸市大徳氏旧蔵)です。(収蔵資料番号)SHI1978-044-04。 『埼玉県板石塔婆調査報告書』所収26-94-4