中世の城と武士の博物館
埼玉県立 嵐山史跡の博物館

鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡の中にある博物館です。

 
畠山重忠公像写真
畠山重忠公像
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。菅谷館跡のニノ郭にある土塁の上に建っています。
 

埼玉県立嵐山史跡の博物館

〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:s625896@pref.saitama.lg.jp
アクセス
 
1779167
2010年7月23日~

ヤマユリについて

 
ヤマユリ    
 日本固有のユリで、北海道と北陸地方を除く近畿地方以北の山地の林縁や草地に分布します。丈は1~1.5m。1株に10輪程度の花を咲かせるものもあります。花の大きさは直径20cm以上で、ユリ科の中でも最大級であり、その香りは、甘く濃厚です。種から発芽して・開花するまでには少なくとも5年以上かかり、また株が古いほど多くの花をつけます。近年は、生育に適した明るい山林が減少していることから数が減ってきており、館跡内は貴重な自生地となっています。
 なお、ヤマユリは現在のところ人工栽培に成功しておらず、自生地から別の場所に移植しても翌年以降花が咲くことはありません。
ヤマユリを自生地で品種改良し園芸種としたものが、カサブランカと呼ばれるユリです。なお、ヤマユリは、菜の花や芝桜、ヒマワリのように密集して生育する植物ではありません。
 

菅谷館跡のヤマユリ

谷館跡では、7月上旬から7月末にかけて館跡全域(13万㎡)で500株以上のヤマユリが咲きます。

◆自生しているヤマユリですので、徐々に開花し、例年7月20日頃が最盛期となります。

ヤマユリが咲く場所は、本郭の土塁及び堀、南郭、三ノ郭の西側などです。
当館跡内のヤマユリは、無料で見学できます。
駐車場は17:00に閉鎖しますので、ご注意ください。

◆令和元(2019)年は、7月13日(土)に、館跡自然観察会「ヤマユリと夏の植物」を開催します。
 実施時間:①10:00~10:30、②10:40~11:10(同一内容)
 実施内容:埼玉県立自然の博物館の学芸員の解説を聞きながら、館跡内のヤマユリをはじめとする夏の植物を観察します。ヤマユリの芳醇な甘い香りをこの機会にお楽しみください。
 参加を希望される方は開始時間までに、博物館ロビーに集合ください(事前申し込みは不要です。)小雨の場合は実施します。
 

過去の一番花の開花日

2018年 7月2日/  2017年  7月3日/ 2016年 7月4日/ 2015年 7月3日/ 2014年 7月9日/ 2013年 7月9日/ 2012年 7月12日/ 2011年 7月11日/2010年 7月11日/ 2009年 7月7日/ 2008年 7月9日/ 2007年 7月11日/2006年 7月7日/ 2005年 7月12日/ 2004年 7月6日/ 2003年 7月10日/ 2002年 7月6日
(昨年のヤマユリ情報はコチラご覧ください)
 
2019年ヤマユリ日記

令和元年7月10日(火)
新たに2株4輪が咲き、合計6株9輪の開花となりました。

昨日、1輪が開花した本郭の東側の土塁に、同じ株から2輪、そして新たな株から1輪が咲きました。
また、昨日1輪開花した二ノ郭から本郭西側を眺む堀でも、新たな株から開花がありました。
今日で合計6株9輪の開花です。例年より涼しい梅雨のためか、今年の開花は遅れていますが、ようやくペースアップしてきた感があります。
また、菅谷館跡に隣接する嵐山町の「オオムラサキの森」では、オオムラサキが羽化の時期を迎えています。
菅谷館跡でヤマユリ、オオムラサキの森で国蝶オオムラサキと、両方探してみてはいかがですか。

本郭の東側の土塁のヤマユリ

二ノ郭から本郭西側を眺む堀のヤマユリ。もう1輪まもなく開花か

館跡に隣接する嵐山町「オオムラサキの森」で羽化したばかりのオオムラサキのメス






令和元年7月9日(火)
開花しているヤマユリは4株5輪になりました。

今年3輪目のヤマユリが、昨日本郭東側の土塁に咲いたということを聞き、見にいきますと、濃密な甘い香りを漂わせて大輪の花が開いていました。近くにいくつか白い蕾もあり、まもなく咲いてくれそうです。
また、二ノ郭から本郭西側を眺む堀にも4輪目のヤマユリを見つけました。このユリの周辺にも間もなく開花しそうな白い蕾がいくつか見られました。
そして、今年最初の開花が見られた三ノ郭でも、嬉しいことに昨日まで蕾だった蔀土塁手前のユリが大輪の花を咲かせていました。
今月中旬から下旬にかけて見ごろを迎えると思います。ご期待ください。



本郭東側の土塁に咲いた今年3輪目のヤマユリ


二ノ郭から本郭西側を眺む堀に咲くヤマユリ。遠目にも目立ちます。

二ノ郭から本郭西側を眺む堀には間もなく開花しそうな蕾もいくつか見られます。


三ノ郭蔀土塁の手前のユリも開花しました。




令和元年7月6日(土)
今年はじめてのヤマユリが開花しました。

7月5日(金)三ノ郭の蔀土塁の近くで今年はじめてのヤマユリが咲きました。今朝写真を撮りに行きますと、もう一輪花開いていました。

さらに蔀土塁の手前にも、間もなく花開くであろう蕾が・・・。

ここ5年間では一番遅い開花ですが、いよいよ嵐山にヤマユリの季節がやってきました。

しかし、まだ館跡のヤマユリのほとんどは、まだ蕾が緑色。これから咲きほこるのが楽しみです。

ところで、ヤマユリは開花を迎えると頭を垂れるかのように大きく傾きます。実はこの傾きこそヤマユリが天然自然のものであることの証なのだそうです。
ヤマユリの花粉を運んでくれるのは、アゲハチョウやスズメガなどの大型の蝶や蛾。これらの昆虫は下向きに咲く大輪の花にとまるのを好みます。ヤマユリの傾きは、アゲハやスズメガに花粉を媒介してもらい、種を繁栄させるための自然の戦略から生まれた必然的な姿だそうです。
このことを知ったのは昨年の「自然観察会」で県立自然の博物館の植物担当の学芸員の解説を聞く機会があったからです。
今年の「自然観察会」は、ヤマユリが見ごろを迎える来週7月13日(土)に開催します。10:00~10:30と10:40~11:10の2回行いますので、ヤマユリをはじめ菅谷館跡の自然にご関心のある方は是非ご参加ください。(参加無料・当日受付・少雨決行)


令和元年7月3日(水)
今年の開花は遅れそうです。7月第2週の開花でしょうか?
ここ数年、ヤマユリの開花時期が早まり、7月の第1週に開花がはじまっていました。
しかし、今年は4月の雪や、珍しく梅雨らしい梅雨の季節のためか、豊かについたヤマユリの蕾(つぼみ)の成育もペースダウン。まだ開花直前をつげるような白い色になっておりません。
開花は来週になると予想しています。
ヤマユリをご覧のためにご来館をご予定されている方は7月第2週以降にお越しいただけるとよいかと思います。

7月2日のヤマユリ。まだ、蕾があまり白くなっていません。
開花までもうしばらくお待ちください。