平成28年度 リフレッシュオープン記念企画展

戦国を生き抜いた武将たち

終了しました。ご観覧ありがとうございました。

【会期】
平成28年11月1日(月)~平成29年2月19日(日)

【内容】 

 小田原北条氏が北武蔵(現埼玉県域)に勢力を伸ばした天文15年(1546の河越合戦から天正18年(1590)の小田原合戦で滅亡するまでの時期に、北武蔵で活躍した武将たちの動向を紹介します。

   北条氏ゆかりの兜をはじめ、秀吉の朱印状、武将が使用した刀、古文書、城跡からの出土品など貴重な資料を多数展示し、戦乱の時代を武将たちがどう生き抜いたのかを検証します。
【展示構成】
 

1)戦国時代後期の北武蔵

(2)小田原北条氏による支配

(3)北武蔵の国衆たちの動向

(4)出土資料からみた戦国時代の城

(5)小田原合戦と武将たち

(6)小田原合戦後の武将たち

【学芸員による展示解説】
平成28年11月3日(木・祝)、11月20日(日)、12月11日(日)、12月18日(日)1月15日(日)、2月5日(日)、2月19日(日)
各13:30~14:30
※予約不要です。開始時刻に受付前に集合してください。観覧料がかかります。
【主な展示】
 北条氏邦ゆかりの兜 秀吉朱印状
 北条氏康ゆかりの兜 忍城(行田市)水攻めを指示した豊臣秀吉朱印状
 朱印状 具足
 上田氏の領地を認めた虎の印判のある北条家朱印状 北条氏邦家臣着用の具足

◆期間中展示替えがあります。
  詳しくはこちらを御覧ください→展示替えのご案内.pdf


【ロビー展示】
「戦国時代を生き抜いた姫たち」
[会期]
平成29年1月17日(火)~2月19日(日)
[内容]戦国大名や国衆に関わりのある女性を紹介します。

【県立熊谷図書館との連携事業】
「資料展 河を制す―戦国武将と大河―」
※終了しました。
県立熊谷図書館連携事業
[会期]
平成28年10月4日(火)~12月25日(日)
     火~金曜日 9:00~19:00
     土、日曜日、祝日 9:00~17:00
[会場]県立熊谷図書館 2階ロビー

企画展関連講演会「戦国時代を生き抜いた武蔵の国衆たち」 1月13日(金) ※申込受付終了しました。

過去の企画展