嵐山史跡の博物館の資料紹介

1 実物資料
  (1) 館有資料目録 詳細はこちらから
  (2) 受託資料目録 詳細はこちらから
  (3) 借用資料目録 詳細はこちらから
  
 
2 拓本・写真・図版(準備中)
  (1) 拓本目録[板碑(板石塔婆)・中世石造遺物]
  (2) 写真目録[中世城館跡・中世寺院跡・板碑・中世石造遺物]
  (3) 図版目録[中世城館跡・中世寺院跡・板碑・中世石造遺物]
  
 
3 データベース(準備中)
  (1) 板碑調査データ[『埼玉県板石塔婆調査報告書』(1981年)+補足調査]
  (2) 中世石造物調査データ[『埼玉県中世石造遺物調査報告書』(1998年)]
  (3) 中世城館跡調査データ[『埼玉の中世城館跡』(1988年)]
  (4) 中世寺院跡調査データ[『埼玉の中世寺院跡』(1992年)]
  (5) 鎌倉街道上道調査データ[『歴史の道調査報告書 鎌倉街道上道』(1983年)]
 
  ベストコレクションとは、常時公開できない貴重な収蔵資料を紹介するページです。資料名をクリックすると、詳しい解説がご覧いただけます。現在展示している資料は、展示中の表示があります。
 
       
 かわらけ(菅谷館跡出土)           2 縁釉小皿(菅谷館跡出土)           享徳二年銘阿弥陀一尊               
                                                                            種子板碑(菅谷館跡出土)
              
  (青鳥城跡出土)                      (旧宗信寺出土)
    
     
 7 蔵骨器(常滑壺)         8 蔵骨器(瓦質陶器)
 
 
紙本墨書 大般若経 第419巻奥書(断簡)         10 芝居絵「壇浦兜軍記清(景清・重忠・阿古屋と娘の人丸)」 
 
 ギャラリーとは、収蔵資料の中からテーマを定めて紹介するページです。年に3回程度更新する予定です。資料名をクリックすると、詳しい解説がご覧いただけます。現在展示している資料は、展示中の表示があります。
  今回は、中世の石製塔婆である板碑(いたび)[板石塔婆とも呼称]を特集します。埼玉県域では、秩父郡長瀞町や比企郡小川町で採掘される緑泥石片岩(りょうでいせき・へんがん)をもちいて造られており、武蔵型板碑と呼ばれています。
Ⅰ 供養地から出土した板碑   (1) 一ノ入遺跡(小川町)出土
             
 (2)おしゃもじ山[四反田遺跡](鳩山町)出土
       
  Ⅱ 中世城館跡から出土した板碑
(1)青鳥城跡(東松山市)出土   (2)越畑城跡(嵐山町)出土  
       
 Ⅲ 板碑に刻まれたさまざまな主尊種子
    
 
COUNTER8830収蔵資料紹介アクセス数 2011.06.16~