埼玉県立嵐山史跡の博物館
 鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡のなかにある博物館です。
 
畠山重忠像
 畠山重忠公
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。
菅谷館跡の二ノ郭にある土塁の上に建っています。
 
埼玉県立嵐山史跡の博物館
〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:
 
1660668
2010年7月23日~

嵐山史跡の博物館の資料紹介

1 実物資料
  (1) 館有資料目録 詳細はこちらから
  (2) 受託資料目録 詳細はこちらから
  (3) 借用資料目録 詳細はこちらから
    
2 拓本・写真・図版(準備中)
  (1) 拓本目録[板碑(板石塔婆)・中世石造遺物]
  (2) 写真目録[中世城館跡・中世寺院跡・板碑・中世石造遺物]
  (3) 図版目録[中世城館跡・中世寺院跡・板碑・中世石造遺物]
  
3 データベース(準備中)
  (1) 板碑調査データ[『埼玉県板石塔婆調査報告書』(1981年)+補足調査]
  (2) 中世石造物調査データ[『埼玉県中世石造遺物調査報告書』(1998年)]
  (3) 中世城館跡調査データ[『埼玉の中世城館跡』(1988年)]
  (4) 中世寺院跡調査データ[『埼玉の中世寺院跡』(1992年)]
  (5) 鎌倉街道上道調査データ[『歴史の道調査報告書 鎌倉街道上道』(1983年)]

ベストコレクションへのリンクベストコレクションへ

ギャラリーへのリンクギャラリーへのリンク
 
COUNTER9392収蔵資料紹介アクセス数 2011.06.16~