埼玉県立嵐山史跡の博物館
 鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡のなかにある博物館です。
 
畠山重忠公像写真
畠山重忠公像
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。菅谷館跡のニノ郭にある土塁の上に建っています。
 

埼玉県立嵐山史跡の博物館

〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:s625896@pref.saitama.lg.jp
アクセス
 
1759220
2010年7月23日~

館跡 花だより

戦国時代から500年の時を経て、菅谷館跡は静かな森に包まれています。
深い堀や高い土塁など、起伏に富んだ城跡は、四季折々の花々、美しい雑木林で彩られています。
ここでは、古城の四季の花や自然をご紹介します。
是非、菅谷館跡までお出かけいただき、悠久の古城と爽やかな自然をお楽しみください。

≪館跡花だよりの内容≫ 菅谷館跡自然散策mapはこちらflower-map.pdf
 館跡 花だより
    このページです。菅谷館跡花暦として、館跡に咲く四季の花々をご紹介します。
 菅谷館跡 古城の四季と花だより
    今年の花の開花情報や菅谷の森の情報をお届けします。
 ヤマユリ情報
    菅谷館跡に自生するヤマユリの開花情報などをお届けします。
    ◎昨年度のヤマユリ情報(開花時期のご参考にどうぞ)
 2017年度(昨年度)の花だより
    昨年度の花の開花情報や森の情報をご覧いただけます。開花時期のご参考にどうぞ。
    3~5月の花情報
    6~8月の花情報
    9~11月の花情報
    12~3月の花情報

≪菅谷館跡花暦≫
春の花
早春のウメやコブシなどの華やかな花のほか、足元にも多くの草花が顔を出します。
もちろんサクラも青空に咲き誇ります。
    
コウバイ
 
コウバイ
 
ハクバイ
 
ハクバイ
 
    
オオシマザクラ
 
コブシ
 
コブシ
 
イカリソウ
 
    
ジュウニヒトエ
シャガ
ソメイヨシノ
ソメイヨシノ
 
    
ボケ
スミレ
ヤマツツジ
ヤマツツジ
 
    
ヤマザクラ
    

初夏の花
さわやかな初夏を彩る花々です。森がしっとりした雰囲気に彩られます。
    
ドウダンツツジ
 
エゴノキ
 
エゴノキ
 
フデリンドウ
 
    
ギンラン
 
ギンリョウソウ
 
ハナショウブ
 
ハナショウブ
 
    
カキツバタ
キンラン
キンラン
ミズキ
 
    
シモツケ
タツナミソウ
チゴユリ
ツツジ
 
    
ヤエヤマブキ
 
ヤマブキ
 
ユズリハ
  

夏の花
もっとも豊かな命の季節。色とりどりの花がそこここに。
草花が萌えたち、虫や野鳥も盛んに活動します。
    
アジサイ
 
アジサイ
 
ガクアジサイ
 
ホタルブクロ
 
    
オカトラノオ
 
オカトラノオ
 
ウメモドキ
 
ヤマボウシ
 
    
ギボウシ
ギボウシ
ニガナ
ノアザミ
 
    
ノカンゾウ
キツネノカミソリ
ネジバナ
センニンソウ
 
    
チダケサシ
 
アキノタムラソウ
 
アキノタムラソウ
  

秋冬の花
森の中や草原にひっそり佇むように草花がみられる季節です。
初冬にはキンモクセイの香が漂い、春の声を聞く頃には、カンザクラが可憐な花を咲かせます。
    
ハギ
 
ヒガンバナ
 
ヒネオウギズイセン
 
ヒヨドリバナ
 
    
ヒヨドリバナ
 
ツリガネニンジン
 
ツリガネニンジン
 
ヤブラン
 
    
キンモクセイ
クチナシ
カンザクラ
カンザクラ
 
 
令和元年5年月4日(土)
嵐山の体験学習衣装は「小袿(こうちき)」ですが、花は「ジュウニヒトエ」です。
 
令和を迎えた当館、体験学習もバージョンアップしています。
 明日の「子供の日」体験事業は、毎年恒例の「よろいを着てみよう」が「よろい・小袿を着てみよう」に進化、今年から貴族の女性の衣装である小袿も着ていただけるようになりました。
 秋の9月23日(月・祝)と28日(土)、10月6日(日)には、大人も参加できる「鎧・小袿着装体験」も開催しますのでお楽しみに。 
 ところで貴族の女性の衣装といえば、まず最初に「十二単」を思い浮かべると思いますが、菅谷館跡には自然が育んだ「ジュウニヒトエ」があります。シソ科の花で三ノ郭の駐車場の脇などで可憐な花をつけています。
 また、三の郭や本郭の入り口にはキク科のニガナも涼やかに咲いています。そして、三ノ郭の木陰では、イチヤクソウ科のギンリョウソウがひっそりと白いつぼみを開こうとしています。
 様々な花が彩り、木漏れ日も紅葉の若葉も緑に輝く菅谷館跡に是非お越しください。

ジュウニヒトエ

ニガナ(駐車場入り口)

ニガナ(本郭入口)

今、花開こうとするギンリョウソウ



令和元年5年月2日(木)
キンラン、ギンラン咲きました 
初めて迎えた令和の春、爽やかな風が吹く菅谷館跡の木陰に、キンランとギンランが静かに清らかな花を咲かせました。
それから、いつのまにかヤマユリの丈も伸びてきました。7月13日土曜日に開催する自然観察会のころには大輪の花をつけていることでしょう。
初夏に向かう美しいひとときを是非嵐山でお過ごしください。

キンラン

ギンラン

ヤマユリの丈も伸びてきました。



平成31年4月26日(金) 
三ノ郭にフデリンドウが咲いています。

木々の芽吹きの眩さに誘われて、三ノ郭の木漏れ日の中に迷い込むと、足元に可憐な花が咲いていました。
フデリンドウ。春咲くリンドウの中でも最も小さく、高さは5cmから10cmくらいです。つぼみの形が毛筆に似ていることからこの名がついたそうです。
 平成から令和にかけての10連休の時期には、例年ですとキンランやギンランの花も咲き始めます。春から初夏にむかう菅谷館跡に是非お越しください。


平成31年4月18日(木) 
芽吹きの季節の嵐山の見どころは「館跡全部」です。

菅谷館跡は今、一年で最も美しい芽吹きの季節を迎えています。本郭、二ノ郭、三ノ郭・・・どこを歩いても柔らかくて眩しい緑の光線が迎えてくれます。南郭の小道を往けば、都幾川のせせらぎと鶯の声が聞こえてきます。
それからそれから・・・展示室に向かう廊下のガラス越しには、ひっそりとイカリソウも花を開いています。
今年は時代の変わり目とも交差した新緑の季節、癒しの歴史空間に是非お越しください。


本郭土塁の木々の芽吹き

二ノ郭土塁の木々の芽吹き

三ノ郭の小道

展示室通路からガラス越しに見たイカリソウ

イカリソウ

三ノ郭の八重桜と新緑

平成31年4月10日(水) 嵐山に春の雪

思いがけず、嵐山に春の雪が降りました。
たったひと時でしたが、ヒカンザクラもほんのりと雪化粧。
翌日(11日)からは再び暖かい日差しがもどってきました。
花だけでなく、木の芽吹きもまぶしい一足早い城跡の春です。
是非おでかけ下さい。











平成31年3月18日(月) 一足早い春爛漫

菅谷城のヒカンザクラが満開です。

暖かい日差しに包まれた今日
菅谷城は満開の桜の下
春爛漫となりました。

南郭や二の郭にあるヒカンザクラの大木は
地上付近まで枝を枝垂れさせ
切岸や高い土塁の「折」と抜けるような青空によく映えています。

ミツバチの羽音もにぎやかです。

一足早い城跡の春です。
是非おでかけ下さい。


≪菅谷城はすでに春爛漫≫


≪青空に映えるヒカンザクラの仲間≫


≪出桝形土塁と桜≫


平成31年3月8日(金) 早咲きの桜と散り際の梅
暖かい日が増えてきました。

菅谷城では梅が満開を迎え
すでに北風に花びらを散らせています。

一方
城内には城跡の土塁や郭の構造から
ほとんど風が吹かない場所があります。
暖かい日差しが降り注ぐこうした場所では
早咲きのヒカンザクラがピンク色の花を咲かせています。
また
気の早いソメイヨシノも花びらの先端が開いてきています。
ウグイスのさえずりも盛んです。

菅谷城に一足早い春がやってきました。


≪満開を過ぎ散り際を迎えた白梅 いい香りが漂う≫


≪早咲きのヒカンザクラの仲間≫


≪白梅とソメイヨシノ≫


平成31年1月23日(水) 梅 ほころぶ
年末から厳しい寒さとなっていますが
全体的な暖冬の傾向もあって
菅谷城では早くも紅梅・白梅ともに開花しました。

まだまだ花の数は多くありませんが
これから暖かい日差しを浴びて日に日に開花が進行していきます。

この時期は雑草が少なく
しっかり草刈り整備をしていますので
城跡の土塁や空堀が大迫力で築城当時の姿を偲ばせています。



≪青空と土塁を背景にほころぶ白梅≫


≪冬晴れの空に映える紅梅≫


≪高さ4mの土塁の様子がよくわかる≫

12月25日(火) 冬の花と春の気配
クリスマスの今日は関東特有の冬晴れになりました。
菅谷城では山茶花が多くみられます。
冬の日差しを浴びてほのかな香りを漂わせています。
埼玉の冬は厳しい寒さが続きますが
ほのぼのとした気持ちにさせてくれます。
一方で早くも春の気配も感じられます。
梅のつぼみが白んできています。


≪咲き誇る山茶花ー遠方には土塁がみえる≫


≪うっすら白む梅のつぼみ≫

12月7日(金) 霧と錦秋の菅谷城
今朝の菅谷城は霧に包まれました。
しっとりとした空気と静寂の菅谷城はまさに錦秋です。
今回は写真を多めに掲載します。
美しい紅葉をお楽しみください。
また企画展「越山―上杉謙信侵攻と関東の城―」はとてもご好評をいただいています。
ご来跡になり、是非合わせてご覧ください。


≪霧に浮かぶ二ノ郭の紅葉≫


≪霧の博物館と紅葉≫


≪霧に枝垂れる二の郭門跡付近の紅葉≫


≪薄霧の本郭出桝形土塁と紅葉≫


≪薄霧がかかる三ノ郭の紅葉≫


≪深い外堀を彩る紅葉≫


≪霧と二ノ郭の紅葉≫

11月30日(金) 紅葉と黄葉
久しぶりの更新です。
菅谷城は今紅葉の盛りです。
今年は暖かい秋のせいかイロハモミジの紅葉とクヌギやコナラの黄葉が
同時に楽しめます。
古代の日本人は主に黄葉を楽しんでいたようです。
博物館駐車場には八重のサザンカも咲いています。
明日からは企画展「越山―上杉謙信侵攻と関東の城―」もはじまります。
菅谷城だけでなく嵐山史跡の博物館にも是非ご訪問ください。


≪木漏れ日の紅葉と黄葉≫


≪紅葉と八重の白いサザンカ≫

9月28日(金) 秋空とススキ
久しぶりに秋晴れとなりました。
菅谷城の土塁には秋の七草のひとつ ススキの穂が揺れています。
ご存知かも知れませんが
ススキに似た植物にオギがあり区別が難しいものです。
ススキは株立ちで種にノギという細く長いひげのようなものがあるのが特徴です。


≪真っ青な秋空に映えるススキ≫

8月29日(水) 秋の気配
菅谷城は蝉の声が降り注いでいます。
それでも最近ではツクツクホウシの声がほとんどになりました。
館跡入口では秋の七草のひとつ 萩の花が咲きはじめました。
暑すぎる夏も、もう一息かも知れません。


≪濃いピンクの花をつけた秋の七草 萩≫


8月14日(火) お盆の森はとても静かです。
猛暑が続く今夏ですが、菅谷城では少しずつ季節が進んでいます。
例年お盆の頃に咲くキツネノカミソリも、気付けば終わりが近づいています。
足元には9月にかけて咲くヌスビトハギの群落がみられました。


≪鮮やかなオレンジ色の花をつけたキツネノカミソリ≫


≪果実が足元にくっついてしまうこともあるヌスビトハギ。花言葉は略奪愛だそうです≫

8月4日(土) 昆虫たちが忙しい夏の盛りです。
ヤマユリが終わった菅谷城では、昆虫たちが主役です。
国蝶のオオムラサキや大きなカブトムシが盛んに活動しています。
動植物の採集は禁止ですが、とても間近に観察できます。
森林浴を兼ねて、虫たちの世界を眺めてみてはいかがでしょうか?


≪樹液を探す日本の国蝶オオムラサキ≫


≪大きなカブトムシがお食事中≫

7月17日(火) ノカンゾウが盛りです。コオニヤンマもみつけました。
ヤマユリの香に包まれる菅谷城には、この時期ノカンゾウも多くみられます。
夏草が茂る中、オレンジ色の花弁が目を惹きます。
あまりの暑さにコオニヤンマも休憩中のようです。





≪本郭堀の斜面に群生するノカンゾウ≫


≪羽を休めるコオニヤンマ≫

7月11日(水) ヤマユリのつぼみの先でナツアカネが羽を休めていました
菅谷城は一斉に咲き始めたヤマユリの甘い香りに包まれています。
ツンと屹立したヤマユリのつぼみにナツアカネがとまっていました。
羽化後日の浅い未熟な個体で黄褐色をしていますが、秋には濃い茜色になっていきます。


≪ヤマユリのつぼみで羽を休めるナツアカネ≫

6月22日(金) 新緑から深緑へ…さわやかなトチの木漏れ日です
夏至を過ぎた今日は、明るい夏の日差しが降り注ぎました。
菅谷城の森は次第に緑が深くなってきました。トチの葉の隙間から、きらきらと木漏れ日が射しています。
ニイニイゼミの声が聞こえるようになりました。夏本番まであとわずかです。


≪まぶしい夏の木漏れ日≫

6月14日(木) アオイトトンボをみつけました。
全身が青緑色の金属光沢に覆われています。
目が青くなく、まだ未熟な個体のようです。


≪羽を休めるアオイトトンボ≫

6月13日(水) アジサイがこんもりと色づきました。
館跡には点々とあじさいが咲いています。
三の郭には、こんもりと毬のように紫陽花が青い額を開いています。


≪アジサイはこれからが見頃です≫

6月5日(火) うつくしい夏木立ちの季節になりました。
クヌギやコナラなど、比企丘陵の夏を彩る夏木立ち。
館跡の森が萌えたつ季節を迎えました。


≪南郭の夏木立です。森の空気がさわやかです。≫


≪抜けるような空の下、静かな本郭の夏木立です≫



菅谷館跡 古城の四季と花だより

 
令和元年5年月2日(木)
キンラン、ギンラン咲きました 
初めて迎えた令和の春、爽やかな風が吹く菅谷館跡の木陰に、キンランとギンランが静かに清らかな花を咲かせました。
それから、いつのまにかヤマユリの丈も伸びてきました。7月13日土曜日に開催する自然観察会のころには大輪の花をつけていることでしょう。
初夏に向かう美しいひとときを是非嵐山でお過ごしください。

キンラン

ギンラン

ヤマユリの丈も伸びてきました。



平成31年4月26日(金) 
三ノ郭にフデリンドウが咲いています。

木々の芽吹きの眩さに誘われて、三ノ郭の木漏れ日の中に迷い込むと、足元に可憐な花が咲いていました。
フデリンドウ。春咲くリンドウの中でも最も小さく、高さは5cmから10cmくらいです。つぼみの形が毛筆に似ていることからこの名がついたそうです。
 平成から令和にかけての10連休の時期には、例年ですとキンランやギンランの花も咲き始めます。春から初夏にむかう菅谷館跡に是非お越しください。


平成31年4月18日(木) 
芽吹きの季節の嵐山の見どころは「館跡全部」です。

菅谷館跡は今、一年で最も美しい芽吹きの季節を迎えています。本郭、二ノ郭、三ノ郭・・・どこを歩いても柔らかくて眩しい緑の光線が迎えてくれます。南郭の小道を往けば、都幾川のせせらぎと鶯の声が聞こえてきます。
それからそれから・・・展示室に向かう廊下のガラス越しには、ひっそりとイカリソウも花を開いています。
今年は時代の変わり目とも交差した新緑の季節、癒しの歴史空間に是非お越しください。


本郭土塁の木々の芽吹き

二ノ郭土塁の木々の芽吹き

三ノ郭の小道

展示室通路からガラス越しに見たイカリソウ

イカリソウ

三ノ郭の八重桜と新緑

平成31年4月10日(水) 嵐山に春の雪

思いがけず、嵐山に春の雪が降りました。
たったひと時でしたが、ヒカンザクラもほんのりと雪化粧。
翌日(11日)からは再び暖かい日差しがもどってきました。
花だけでなく、木の芽吹きもまぶしい一足早い城跡の春です。
是非おでかけ下さい。











平成31年3月18日(月) 一足早い春爛漫

菅谷城のヒカンザクラが満開です。

暖かい日差しに包まれた今日
菅谷城は満開の桜の下
春爛漫となりました。

南郭や二の郭にあるヒカンザクラの大木は
地上付近まで枝を枝垂れさせ
切岸や高い土塁の「折」と抜けるような青空によく映えています。

ミツバチの羽音もにぎやかです。

一足早い城跡の春です。
是非おでかけ下さい。


≪菅谷城はすでに春爛漫≫


≪青空に映えるヒカンザクラの仲間≫


≪出桝形土塁と桜≫


平成31年3月8日(金) 早咲きの桜と散り際の梅
暖かい日が増えてきました。

菅谷城では梅が満開を迎え
すでに北風に花びらを散らせています。

一方
城内には城跡の土塁や郭の構造から
ほとんど風が吹かない場所があります。
暖かい日差しが降り注ぐこうした場所では
早咲きのヒカンザクラがピンク色の花を咲かせています。
また
気の早いソメイヨシノも花びらの先端が開いてきています。
ウグイスのさえずりも盛んです。

菅谷城に一足早い春がやってきました。


≪満開を過ぎ散り際を迎えた白梅 いい香りが漂う≫


≪早咲きのヒカンザクラの仲間≫


≪白梅とソメイヨシノ≫


平成31年1月23日(水) 梅 ほころぶ
年末から厳しい寒さとなっていますが
全体的な暖冬の傾向もあって
菅谷城では早くも紅梅・白梅ともに開花しました。

まだまだ花の数は多くありませんが
これから暖かい日差しを浴びて日に日に開花が進行していきます。

この時期は雑草が少なく
しっかり草刈り整備をしていますので
城跡の土塁や空堀が大迫力で築城当時の姿を偲ばせています。



≪青空と土塁を背景にほころぶ白梅≫


≪冬晴れの空に映える紅梅≫


≪高さ4mの土塁の様子がよくわかる≫

12月25日(火) 冬の花と春の気配
クリスマスの今日は関東特有の冬晴れになりました。
菅谷城では山茶花が多くみられます。
冬の日差しを浴びてほのかな香りを漂わせています。
埼玉の冬は厳しい寒さが続きますが
ほのぼのとした気持ちにさせてくれます。
一方で早くも春の気配も感じられます。
梅のつぼみが白んできています。


≪咲き誇る山茶花ー遠方には土塁がみえる≫


≪うっすら白む梅のつぼみ≫

12月7日(金) 霧と錦秋の菅谷城
今朝の菅谷城は霧に包まれました。
しっとりとした空気と静寂の菅谷城はまさに錦秋です。
今回は写真を多めに掲載します。
美しい紅葉をお楽しみください。
また企画展「越山―上杉謙信侵攻と関東の城―」はとてもご好評をいただいています。
ご来跡になり、是非合わせてご覧ください。


≪霧に浮かぶ二ノ郭の紅葉≫


≪霧の博物館と紅葉≫


≪霧に枝垂れる二の郭門跡付近の紅葉≫


≪薄霧の本郭出桝形土塁と紅葉≫


≪薄霧がかかる三ノ郭の紅葉≫


≪深い外堀を彩る紅葉≫


≪霧と二ノ郭の紅葉≫

11月30日(金) 紅葉と黄葉
久しぶりの更新です。
菅谷城は今紅葉の盛りです。
今年は暖かい秋のせいかイロハモミジの紅葉とクヌギやコナラの黄葉が
同時に楽しめます。
古代の日本人は主に黄葉を楽しんでいたようです。
博物館駐車場には八重のサザンカも咲いています。
明日からは企画展「越山―上杉謙信侵攻と関東の城―」もはじまります。
菅谷城だけでなく嵐山史跡の博物館にも是非ご訪問ください。


≪木漏れ日の紅葉と黄葉≫


≪紅葉と八重の白いサザンカ≫

9月28日(金) 秋空とススキ
久しぶりに秋晴れとなりました。
菅谷城の土塁には秋の七草のひとつ ススキの穂が揺れています。
ご存知かも知れませんが
ススキに似た植物にオギがあり区別が難しいものです。
ススキは株立ちで種にノギという細く長いひげのようなものがあるのが特徴です。


≪真っ青な秋空に映えるススキ≫

8月29日(水) 秋の気配
菅谷城は蝉の声が降り注いでいます。
それでも最近ではツクツクホウシの声がほとんどになりました。
館跡入口では秋の七草のひとつ 萩の花が咲きはじめました。
暑すぎる夏も、もう一息かも知れません。


≪濃いピンクの花をつけた秋の七草 萩≫


8月14日(火) お盆の森はとても静かです。
猛暑が続く今夏ですが、菅谷城では少しずつ季節が進んでいます。
例年お盆の頃に咲くキツネノカミソリも、気付けば終わりが近づいています。
足元には9月にかけて咲くヌスビトハギの群落がみられました。


≪鮮やかなオレンジ色の花をつけたキツネノカミソリ≫


≪果実が足元にくっついてしまうこともあるヌスビトハギ。花言葉は略奪愛だそうです≫

8月4日(土) 昆虫たちが忙しい夏の盛りです。
ヤマユリが終わった菅谷城では、昆虫たちが主役です。
国蝶のオオムラサキや大きなカブトムシが盛んに活動しています。
動植物の採集は禁止ですが、とても間近に観察できます。
森林浴を兼ねて、虫たちの世界を眺めてみてはいかがでしょうか?


≪樹液を探す日本の国蝶オオムラサキ≫


≪大きなカブトムシがお食事中≫

7月17日(火) ノカンゾウが盛りです。コオニヤンマもみつけました。
ヤマユリの香に包まれる菅谷城には、この時期ノカンゾウも多くみられます。
夏草が茂る中、オレンジ色の花弁が目を惹きます。
あまりの暑さにコオニヤンマも休憩中のようです。





≪本郭堀の斜面に群生するノカンゾウ≫


≪羽を休めるコオニヤンマ≫

7月11日(水) ヤマユリのつぼみの先でナツアカネが羽を休めていました
菅谷城は一斉に咲き始めたヤマユリの甘い香りに包まれています。
ツンと屹立したヤマユリのつぼみにナツアカネがとまっていました。
羽化後日の浅い未熟な個体で黄褐色をしていますが、秋には濃い茜色になっていきます。


≪ヤマユリのつぼみで羽を休めるナツアカネ≫

6月22日(金) 新緑から深緑へ…さわやかなトチの木漏れ日です
夏至を過ぎた今日は、明るい夏の日差しが降り注ぎました。
菅谷城の森は次第に緑が深くなってきました。トチの葉の隙間から、きらきらと木漏れ日が射しています。
ニイニイゼミの声が聞こえるようになりました。夏本番まであとわずかです。


≪まぶしい夏の木漏れ日≫

6月14日(木) アオイトトンボをみつけました。
全身が青緑色の金属光沢に覆われています。
目が青くなく、まだ未熟な個体のようです。


≪羽を休めるアオイトトンボ≫

6月13日(水) アジサイがこんもりと色づきました。
館跡には点々とあじさいが咲いています。
三の郭には、こんもりと毬のように紫陽花が青い額を開いています。


≪アジサイはこれからが見頃です≫

6月5日(火) うつくしい夏木立ちの季節になりました。
クヌギやコナラなど、比企丘陵の夏を彩る夏木立ち。
館跡の森が萌えたつ季節を迎えました。


≪南郭の夏木立です。森の空気がさわやかです。≫


≪抜けるような空の下、静かな本郭の夏木立です≫



菅谷館跡 古城の四季と花だより

 

館跡花情報