埼玉県立嵐山史跡の博物館
 鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡のなかにある博物館です。
 
畠山重忠像
 畠山重忠公
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。
菅谷館跡の二ノ郭にある土塁の上に建っています。
 
埼玉県立嵐山史跡の博物館
〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:
 
1688241
2010年7月23日~

館跡 花だより

戦国時代から500年の時を経て、菅谷館跡は静かな森に包まれています。
深い堀や高い土塁など、起伏に富んだ城跡は、四季折々の花々、美しい雑木林で彩られています。
ここでは、古城の四季の花や自然をご紹介します。
是非、菅谷館跡までお出かけいただき、悠久の古城と爽やかな自然をお楽しみください。

≪館跡花だよりの内容≫ 菅谷館跡自然散策mapはこちらflower-map.pdf
 館跡 花だより
    このページです。菅谷館跡花暦として、館跡に咲く四季の花々をご紹介します。
 菅谷館跡 古城の四季と花だより
    今年の花の開花情報や菅谷の森の情報をお届けします。
 ヤマユリ情報
    菅谷館跡に自生するヤマユリの開花情報などをお届けします。
    ◎昨年度のヤマユリ情報(開花時期のご参考にどうぞ)
 2017年度(昨年度)の花だより
    昨年度の花の開花情報や森の情報をご覧いただけます。開花時期のご参考にどうぞ。
    3~5月の花情報
    6~8月の花情報
    9~11月の花情報
    12~3月の花情報

≪菅谷館跡花暦≫
春の花
早春のウメやコブシなどの華やかな花のほか、足元にも多くの草花が顔を出します。
もちろんサクラも青空に咲き誇ります。
    
コウバイ
 
コウバイ
 
ハクバイ
 
ハクバイ
 
    
オオシマザクラ
 
コブシ
 
コブシ
 
イカリソウ
 
    
ジュウニヒトエ
シャガ
ソメイヨシノ
ソメイヨシノ
 
    
ボケ
スミレ
ヤマツツジ
ヤマツツジ
 
    
ヤマザクラ
    

初夏の花
さわやかな初夏を彩る花々です。森がしっとりした雰囲気に彩られます。
    
ドウダンツツジ
 
エゴノキ
 
エゴノキ
 
フデリンドウ
 
    
ギンラン
 
ギンリョウソウ
 
ハナショウブ
 
ハナショウブ
 
    
カキツバタ
キンラン
キンラン
ミズキ
 
    
シモツケ
タツナミソウ
チゴユリ
ツツジ
 
    
ヤエヤマブキ
 
ヤマブキ
 
ユズリハ
  

夏の花
もっとも豊かな命の季節。色とりどりの花がそこここに。
草花が萌えたち、虫や野鳥も盛んに活動します。
    
アジサイ
 
アジサイ
 
ガクアジサイ
 
ホタルブクロ
 
    
オカトラノオ
 
オカトラノオ
 
ウメモドキ
 
ヤマボウシ
 
    
ギボウシ
ギボウシ
ニガナ
ノアザミ
 
    
ノカンゾウ
キツネノカミソリ
ネジバナ
センニンソウ
 
    
チダケサシ
 
アキノタムラソウ
 
アキノタムラソウ
  

秋冬の花
森の中や草原にひっそり佇むように草花がみられる季節です。
初冬にはキンモクセイの香が漂い、春の声を聞く頃には、カンザクラが可憐な花を咲かせます。
    
ハギ
 
ヒガンバナ
 
ヒネオウギズイセン
 
ヒヨドリバナ
 
    
ヒヨドリバナ
 
ツリガネニンジン
 
ツリガネニンジン
 
ヤブラン
 
    
キンモクセイ
クチナシ
カンザクラ
カンザクラ
 
 

館跡花情報