埼玉県立嵐山史跡の博物館
 鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡のなかにある博物館です。
 
畠山重忠像
 畠山重忠公
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。
菅谷館跡の二ノ郭にある土塁の上に建っています。
 
埼玉県立嵐山史跡の博物館
〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:
 
1688257
2010年7月23日~

館跡自然観察会 ヤマユリと夏の植物

 ヤマユリ1 ヤマユリ2
 観察会のようす1 観察会のようす2
【日 時】平成30年7月14日(土) 終了しました
     11:00~12:00 13:00~14:00 (2回開催、同一内容)
           開始時刻30分前から受付を開始します。
【内 容】 

国指定史跡「比企城館跡群 菅谷館跡」の中にはヤマユリが自生しており、毎年7月になると500輪以上の花を咲かせます。他にもノカンゾウやネジバナなど多くの植物を見ることができます。観察会では、植物のエキスパートである埼玉県立自然の博物館の学芸員と一緒に、館跡内の多様な植物について学びます。
【場 所】国指定史跡 菅谷館跡
【集 合】嵐山史跡の博物館 正面玄関ロビー
【申 込】当日受付(先着)
【費 用】無料
【人 数】各回30名
【その他】雨天の場合は中止となります(少雨決行)