埼玉県立嵐山史跡の博物館
 鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡のなかにある博物館です。
 
畠山重忠像
 畠山重忠公
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。
菅谷館跡の二ノ郭にある土塁の上に建っています。
 
埼玉県立嵐山史跡の博物館
〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:
 
1673428
2010年7月23日~

平成29年度企画展関連講演会

平成29年度の講演会は終了しました。

企画展関連講演会
「中世武士の本拠と本領 -武蔵熊谷氏を中心に-」
【日 時】
平成29年12月23日(土・祝日) 13:45~15:30
【内 容】企画展「武蔵武士とその本拠」の関連講演会であり、この講演会を受講することにより、展示内容をより深く理解することができます。
近年の中世武士研究の中で、館や所領のイメージは大きく変わりつつあります。館はいかなる姿をもっていたのか? 彼らの武士としての活動を支えた所領とは? などについて、わかりやすくお話しいただきます。
【講 師】高橋 修 氏(茨城大学人文社会科学部教授)
【定 員】 500人(受講希望者が定員を超えた場合は抽選となります。先着順ではありません。)
【会 場】 国立女性教育会館 研修棟内の講堂 (嵐山町大字菅谷728) 
       東武東上線 武蔵嵐山駅下車徒歩15分 嵐山史跡の博物館隣り
               ※ 駐車場もございますが、混雑が予想されるため、なるべく公共交通機関をご利用ください。
【費 用】無料(今年度は文化庁による支援事業のため) 

【申込方法】 申し込み受付開始は、11月1日(水)から
  62円
往復はがきに、必要事項[①「企画展関連講演会受講希望」、②氏名③住所④電話番号]を明記の上、11月1日(水)から12月5日(火)当館必着になるよう、投函してください。はがき1枚につき、2名までの申込みが可能ですが、その場合には、2名分の必要事項を必ず記入して下さい。また、返信はがきにも、郵便番号・住所・氏名を記入ください。なお、同一の方が、何通もお申し込みされた場合は、1通のみ有効な申込みとさせていただきます。
  催し物ごとにお申込みください。はがき1通で、複数の催し物の申し込みはできません