館跡花だより

8月
2016/08/19

ギボウシ

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
三ノ郭の堀にてギボウシがたくさん咲いています。
庭に植える植物として人気ですが、山野にも自生しています。
名前はツボミが擬宝珠(橋や寺の欄干に取り付けられている玉ねぎみたいなもの)に似ていることから付けられたといいいます。
薄紫の花がとても美しいですね。
ギボウシ

ギボウシ2

ギボウシ3

ギボウシ
15:01 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/08/09

ヘクソカズラ

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
ヘクソカズラ-屁糞葛-。
どうしようもない名前ですが、美しい花を咲かせています。
名前の由来は文字のとおり、葉や茎が悪臭を放つからだと言われています。
そこで、試しに葉を揉んで臭いをかいでみました。
ん~?青臭くはありますが、そこまでの臭いは感じられませんでした。
名前にインパクトがありすぎですね。
ちなみに、万葉集にも「クソカズラ」として詠まれている、由緒ある?草です。
後の時代に「へ」も加わった模様。
ヘクソカズラ
美しい花だと思うのですが・・・。
ヘクソカズラ
ミツバチはヘクソカズラが好きみたいです。
ヘクソカズラ
花の赤紫色のところには細かい毛が生えています。
11:13 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2016/08/05

ツリガネニンジン

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
博物館の入口近くにツリガネニンジンが咲いています。
スッと伸びた茎にユニークな花の形で目立ちます。
「ニンジン」と名がつくのは、根がニンジン(高麗人参)に似ているからとのことです。
花は、めしべがニュッと飛びだしているのが特徴的です。
ツリガネニンジン
茎は真っ直ぐに伸びています。
ツリガネニンジン1
めしべ(花柱)が飛び出ています。
ツリガネニンジン2
ガクには鋸歯があります。
16:55 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

館跡花だより

7月
2016/07/27

キツネノカミソリ

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
三の郭にて、キツネノカミソリが咲いています。
キツネノボタン、キツネノマクラ、キツネノロウソク、キツネノテブクロなどなど「キツネノ」と名がつく植物はたくさんありますが、これは「カミソリ」です。
なんとなく生活道具に似た植物は、「キツネノ~」と付くのでしょうか。
「キツネノ」と名が付くだけで、幻想的な感じがします。
キツネノカミソリは、葉がカミソリのように見えるからこの名がついたと言われています。
しかしながら、ヒガンバナ科だけあって、花が咲く時には葉がありません。
ヒガンバナもそうですが、葉だけのときはなかなかそこにあると気づかず、花が咲いてはじめてその存在を知り、こんなところにあったのかとびっくりします。
まだ、ツボミのものも多かったので、これから楽しめそうです。
キツネノカミソリ

キツネノカミソリ2
09:25 | コメント(0)
2016/07/21

アキノタムラソウ

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
夏真っ盛りですが、アキノタムラソウが咲いています。
この花は梅雨頃から初秋にかけて咲きますので、どちらかと言うと夏よりですが、アキノタムラソウと名付けられています。
ちなみに、ハルノタムラソウとナツノタムラソウもあるので、名前の変更はできそうにありません。
本郭の中のヤマユリの近くに咲いているので探してみてください。
アキノタムラソウ
紫蘇の花にそっくりですね。
そうです。アキノタムラソウもシソ科です。
アキノタムラソウ

アキノタムラソウ
突き出たオシベと毛深い花が特徴的です。
アキノタムラソウ2
16:58 | コメント(0)
2016/07/06

ヤブカンゾウ

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
西の郭にてヤブカンゾウが咲いています。
鮮やかなオレンジ色の八重の花が特徴です。
別名「ワスレグサ」。あまりの美しさに、花を見るとこの世の憂さを忘れられるからとか。
花は1日~2日で閉じてしまいます。そのことから英語ではDaylilyといいます。
ちなみに春に咲く「ワスレナグサ」とは全く関係ありません。
ヤブカンゾウ1

ヤブカンゾウ2

ヤブカンゾウ3
13:09 | コメント(0)

館跡花だより

6月
2016/06/29

ヒヨドリバナ

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
ヒヨドリバナ1
ヒヨドリのなく頃に咲くのでこの名がついたと言われています。
花の先に糸のようにめしべが2本飛び出ているのが特徴です。
ヒヨドリバナ2

ヒヨドリバナ3
16:25 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/06/27

ネジバナ

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
ネジバナ1

ネジバナ2
駐車場横の草地にネジバナが咲いていました。
特徴的なのは花の付き方で、らせん状に花を付けます。小さいけどラン科です。
大きさはだいたいの10~30センチくらいで、まっすぐにスッと立っているので、目立ちます。
ネジバナ3
ひとつの花の大きさは5ミリくらいです。ランだけあって、美しいです。
ネジバナ4
色の濃いものもありました。
15:50 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/06/21

オカトラノオ

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
トラノオ1
本郭にてオカトラノオが咲いています。垂れ下がる花穂がトラの尾に似ていることから名がついたと言われています。下から順番に花が咲きます。
トラノオ2
全体もきれいですが、ひとつひとつの花もきれいです。
トラノオ3
ほとんどの花が同じ方向に垂れ下がって咲いてるのが面白いですね。
16:56 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/06/14

コマツナギ

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
コマツナギ1

コマツナギ
三の郭にてコマツナギが赤紫の可愛らしい花を咲かせていました。
1つの花は小さく5mm程度です。草のように見えますが、低木です。
漢字表記は、「駒繋ぎ」で、幹や根が馬を繋いでおけるほど丈夫であることから名付けられたそうです。
コマツナギ茎
コマツナギの幹

コマツナギ2
15:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/06/10

ホタルブクロ

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
ホタルブクロ1
今日は梅雨の晴れ間で気持よく晴れています。そんな中、散策していると、西の郭でホタルブクロを見つけました。火垂る袋(ホタルブクロ)とは風流な名ですね。釣鐘形の花が特徴的です。
ホタルブクロ2
広い範囲に花を咲かせています。
ホタルブクロ3
下から覗くとこんな感じです。
13:28 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/06/06

アジサイ

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
アジサイ1

アジサイ2
昨日、関東地方が梅雨入りしたとの発表がありましたが、そんな季節にふさわしい花、アジサイが咲き始めました。まだ、これからたくさん咲きそうです。
ちなみに、土壌が酸性だと青、アルカリ性だと赤い花が咲くと言われています。
15:24 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)