埼玉県立嵐山史跡の博物館
 鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡のなかにある博物館です。
 
畠山重忠像
 畠山重忠公
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。
菅谷館跡の二ノ郭にある土塁の上に建っています。
 
埼玉県立嵐山史跡の博物館
〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:
 
1673364
2010年7月23日~

館跡ガイドツアー

館跡ガイドツアー嵐山史跡の博物館が立地する、国指定史跡であり、続日本100名城に認定されている菅谷館跡を案内いたします。平成30年4月28日(土)・29日(日)、5月3日(木・祝日)・4日(金・祝日)に実施した際には多くの方々の参加がありました。
参加費は無料です。当館の館跡ガイドボランティアの案内を聞きながら、自然豊かな館跡を巡ってみませんか?

下記日程の開始時刻までに博物館エントランスロビーにご集合ください。事前申し込みは不要です。


次回の開催は、
開催日:10月6日(土)
時間:各回:午前11時から午後12時(1時間)


ガイドツアー                ガイドツアー