中世の城と武士の博物館
埼玉県立 嵐山史跡の博物館

鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡の中にある博物館です。

 
畠山重忠公像写真
畠山重忠公像
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。菅谷館跡のニノ郭にある土塁の上に建っています。
 

埼玉県立嵐山史跡の博物館

〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:s625896@pref.saitama.lg.jp
アクセス
 
1815356
2010年7月23日~

ラグビーワールドカップ開催記念 鎧・小袿(こうちき)着装体験

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の開催を記念して実施いたしました「鎧・小袿(こうちき)の着装体験」はおかげさまで、10月6日(日)をもちまして終了いたしました。ご参加くださった皆様にお礼申し上げます。










着装体験では、高校生ボランティアが大活躍。担当職員も日本代表のレプリカユニフォーム(兜がモチーフとなってデザインされています)を身に着けて解説に奮闘しました。






 

ラグビーワールドカップ開催記念 鎧・小袿(こうちき)着装体験

期日:令和元年9月23日(月・祝)終了・28日(土)終了・10月6日(日)終了
時間:10時~15時30分(12時~13時休憩)
   
※着装体験所要時間約30分
内容:ワールドカップラグビー大会開催期間中、鎧・小袿(こうちき)の着装を通して中世の世界を体験して頂く体験です。着装した後に記念撮影もできます。カメラはご持参ください。
費用:無料(ただし展示室見学される場合は入館料が必要)

会場:埼玉県立嵐山史跡の博物館 講座室

申込み:当日受付
問い合わせTEL:0483-62-5896


大鎧(おおよろい)


小袿(こうちき)