畠山重忠像
 畠山重忠公
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。
菅谷館跡の二ノ郭にある土塁の上に建っています。
 
埼玉県立嵐山史跡の博物館
〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:
 
1617898
2010年7月23日~
ベストコレクション
《ベストコレクション》
  
常時公開できない貴重な収蔵資料を紹介するページです。資料名をクリックすると、詳しい解説がご覧いただけます。現在展示している資料は、展示中の表示があります。
 
       
 かわらけ(菅谷館跡出土)           2 縁釉小皿(菅谷館跡出土)           享徳二年銘阿弥陀一尊               
                                                                            種子板碑(菅谷館跡出土)
              
  (青鳥城跡出土)                      (旧宗信寺出土)
    
     
 7 蔵骨器(常滑壺)         8 蔵骨器(瓦質陶器)
 
 
紙本墨書 大般若経 第419巻奥書(断簡)         10 芝居絵「壇浦兜軍記清(景清・重忠・阿古屋と娘の人丸)」