埼玉県立嵐山史跡の博物館
 鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡のなかにある博物館です。
 
畠山重忠像
 畠山重忠公
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。
菅谷館跡の二ノ郭にある土塁の上に建っています。
 
埼玉県立嵐山史跡の博物館
〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:
 
1673432
2010年7月23日~
8月29日(水) 秋の気配
菅谷城は蝉の声が降り注いでいます。
それでも最近ではツクツクホウシの声がほとんどになりました。
館跡入口では秋の七草のひとつ 萩の花が咲きはじめました。
暑すぎる夏も、もう一息かも知れません。


≪濃いピンクの花をつけた秋の七草 萩≫
 
菅谷館跡自然散策mapはこちら→flower-map.pdf