中世の城と武士の博物館
埼玉県立 嵐山史跡の博物館

鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡の中にある博物館です。

 
畠山重忠公像写真
畠山重忠公像
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。菅谷館跡のニノ郭にある土塁の上に建っています。
 

埼玉県立嵐山史跡の博物館

〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:s625896@pref.saitama.lg.jp
アクセス
 
1793080
2010年7月23日~

중세의 수공업3  도자기 빛깔과 중세의 도자기 제작

平成31年2月22日(金)~10月20日(日)

도자기 재료가풍부한일본열도에는이미 16,000전경에토기가구워졌습니다. 중국과한반도와의교류를통해고분시대에는환원소성토기인 스에키만들어냈습니다. 나라시대에는회유도기와저온연유의삼채생산이시작되고, 도자기는유약을이용한화려한색상의시대에이르렀습니다. 회유도기는이후주로세토지역과미노지역에서생산되어도기의중심을 점유하게 됩니다.

 13~14세기가되자중국에서철유기술이전파되고,전국시대에는다도문화와함께차도구 문화가꽃피었습니다. 세토지역과 미노지역에서는철을발색제로 사용해서 연한노란빛을 띠는 기제토, 올리브색의회유, 갈색이나흑색의철유도기가만들어져,도요토미히데요시가정권을잡은모모야마시대(桃山時代)에는독창적인조형과흑색 적색 백색 녹색을대담하게이용한라쿠()’시노(志野)’오리베(織部)’모모야마도자기(桃山陶)번성합니다. 혁명이라있는모모야마도자기이지만, 자연의재료를이용한전통적인기술로,조화롭고심오한일본 도자기의특징을갖추고있습니다.

 코너에서는자연의재료로다양한 도자기의색을 탄생시킨중세의도자기기술을소개합니다.