埼玉県立嵐山史跡の博物館
 鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡のなかにある博物館です。
 
畠山重忠像
 畠山重忠公
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。
菅谷館跡の二ノ郭にある土塁の上に建っています。
 
埼玉県立嵐山史跡の博物館
〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:
 
1688216
2010年7月23日~

映像ソフト

映像ソフト一覧
 
1 現在の当館の機能に属しているもの
① 「国指定史跡 菅谷館跡」(ビデオ) 1989年
② 「鎌倉古道をゆく -新たなる発見の旅-」(ビデオ) 2000年
③ 「埼玉の戦国城館跡 -比企城館跡群を中心に-」(DVD) 2010年
 
2 当館の機能に属さなくなったもの →現在は、埼玉県立歴史と民俗の博物館が管理しています。
① 「秩父の通過儀礼第1巻 安産祈願から帯解きまで」(16mm) 1979年
② 「秩父の通過儀礼第2巻 子どもザサラから水祝儀まで」(16mm) 1980年
③ 「秩父の通過儀礼第3巻 若衆組と龍勢」(16mm) 1981年
④ 「秩父の通過儀礼第4巻 クレ祝儀・モライ祝儀」(16mm) 1982年
⑤ 「秩父の通過儀礼第5巻 年祝いから先祖供養まで」(16mm) 1983年