巡回文化財展

巡回文化財展「 比企のタイムカプセル 」  開催一覧

 平成29年度
 展 覧 会 名 称
 開 催 期 間
 内   容
 17.比企の中世 Part 1

◆会期全体◆
 平成29年8月22日(火)~12月3日(日)

埼玉県立嵐山史跡の博物館
   8月22日(火)~9月24日(日)
◆鳩山町立図書館
   9月26日(火)~10月1日(日)
   (9月29日(金)は休み)
◆小川町立図書館
   10月3日(火)~10月9日(月・祝)
◆川島町役場多目的ホール
   10月11日(水)~10月15日(日)
◆東松山市埋蔵文化財センター
   10月17日(火)~10月23日(月)
◆東秩父村和紙の里ふるさと文化伝習館
   10月25日(火)~11月5日(日)
◆滑川町エコミュージアムセンター
   11月7日(火)~11月12日(日)
◆ときがわ町アスピアたまがわ
   11月14日(火)~11月19日(日)
◆嵐山町ふれあい交流センター
   11月21日(火)~11月26日(日)
   (休館 11月23日(木))
◆吉見町埋蔵文化財センター
   11月28日(火)~12月3日(日)

 今年度は、12世紀の平安時代末期・武家政権の成立過程から、14世紀終わり頃の南北朝統一まで、関東が戦国時代へと向かう以前の、比企地域の中世を扱うことにしました。
 都を中心とした圧倒的な力もしだいに弱まり、地方勢力が力をつけてきた時代、比企地域でも開発を担い、交通の要衝を押さえることによって勢力を伸ばした人々がいました。彼らは平安時代末期の動乱で活躍し、武家政権の成立に大きく貢献しました。居住した館を中心として、比企地域は各時代の政権が押さえようとする重要な拠点として発展していくのです。
 国内での戦乱のみならず、蒙古襲来など国外からの猛威も経験したこの時代。命をかけることが多かったこともあり、信心深い人々は多くの神社を残し、石造物は今も当時の名残を物語っています。こうした造営活動には極楽浄土への憧れや、異国降伏への願いが込められ、大規模な仏具や石造物の生産活動の中にも一端が垣間見られます。
 このような情勢の中で、権力中枢は二転三転し、やがて来る戦国の動乱へと突入していくのです。
 今回展示している考古資料等は、日々の地道な発掘調査によって得られた成果です。こうした貴重な資料を通し、比企地域に暮らした人々の生活の一端にふれていただき、比企の歴史の理解を深め、今後の地域再発見の一助となれば幸いに思います。

平成28年度は、当館の改修工事等のため開催しませんでした。

 平成27年度 
 展 覧 会 名 称
 開 催 期 間
 内   容
 16.比企の建造物
◆会期全体◆
 平成27年8月18日(火)~11月29日(日)

◆嵐山町ふれあい交流センター
   8月19日(火)~8月23日(日)
◆小川町立図書館
   8月25日(火)~8月30日(日)
◆鳩山町多世代活動交流センター
   9月1日(火)~9月6日(日)
◆東松山市埋蔵文化財センター
   9月8日(火)~9月13日(日)
◆ときがわ町アスピアたまがわ
   9月15日(火)~9月20日(日)
◆川島町コミュニティセンター
   9月29日(火)~10月4日(日)
◆滑川町エコミュージアムセンター
   10月6日(火)~10月10日(日)
◆吉見町埋蔵文化財センター
   10月14日(水)~10月18日(日)
◆東秩父村和紙の里ふるさと文化伝承館
   10月20日(火)~10月25日(日)
◆埼玉県立嵐山史跡の博物館
   10月27(火)~11月29日(日)
  比企地域は豊かな自然にめぐまれ、有形・無形の文化財が一体となった、すばらしい歴史環境が数多く残されています。このような文化遺産への理解を深め、後世に引き継いでいくために比企地域9市町村と埼玉県が連携して「比企歴史の丘事業」を進めています。
 この事業の一環として、これまでに15回の巡回文化財展「比企のタイムカプセル」を開催し、多くの来場者と高い評価をいただいています。
 16回目を迎える今年度は、「比企のタイムカプセル16 比企の建造物」と題し、歴史的な建造物をテーマにして開催することになりました。
 今回展示している写真パネル等は、先人によって大切に保存されてきた地域に残る文化財です。こうした貴重な文化財を通し、比企地域のくらした人々の生活の一端にふれていただき、比企の歴史の理解を深め、今後の地域再発見の一助となれば幸いに思います。

  

 展 覧 会 名 称開 催 期 間 内   容 
 15.比企の奈良平安時代
◆会期全体◆
 平成26年8月19日(火)~11月30日(日)

◆東松山市埋蔵文化財センター
 8月19日(火)~8月24日(日)
◆鳩山町多世代活動交流センター
 8月26日(火)~8月31日(日)
◆ときがわ町アスピアたまがわ
 9月2日(火)~9月7日(日)
◆東秩父村和紙の里ふるさと文化伝習館
 9月9日(火)~9月15日(月・祝)
◆嵐山町ふれあい交流センター
 9月17日(水)~9月21日(日)
◆川島町コミュニティセンター
 9月23日(火・祝)~9月28日(日)
◆滑川町エコミュージアムセンター
 9月30日(火)~10月5日(日)
                 (※4日は休展)
◆小川町立図書館
 10月7日(火)~10月13日(月・祝)
◆吉見町埋蔵文化財センター
 10月15日(水)~10月26日(日)
◆埼玉県立嵐山史跡の博物館
 10月28日(火)~11月30日(日) 
 15年目を迎える本年度の比企歴史の丘巡回文化財展は「比企の奈良・平安時代」と題して開催いたします。
 この頃の比企丘陵には、現在の鳩山町とその周辺で東日本最大級と言われる「南比企窯跡群」が広がり、当時の寺院や役所で使う瓦や日常生活で使う土器(須恵器)を大量に生産していました。展示ではこうした資料をはじめ、当時のムラの跡や道路跡から出土した考古資料を見ることができます。
 今回の展示をとおして、比企地域に暮らした人々の生活の一端に触れていただき、比企の歴史や文化財について理解を深め、比企地域により親しみを持っていただければ幸いです。

  

 展 覧 会 名 称

 開 催 期 間

内         容
 14.比企の墓~弔いと供養~ 
会期全体終了しました
  平成25年8月20日(火) ~12月1日(日)

◆東松山埋蔵文化財センター
  8月20日(火)~8月25日(日)
鳩山町立図書館
  8月27日(火)~9月1日(日)
ときがわ町アスピアたまがわ
  9月3日(火)~9月8日(日)
東秩父村和紙の里ふるさと文化伝習館
  9月10日(火)~9月16日(月・祝)
嵐山町ふれあい交流センター
  9月18日(水)~9月23日(月・祝)
川島町コミュニティセンター
  9月25日(水)~9月29日(日)
◆滑川町エコミュージアムセンター
  10月1日(火)~10月5日(土)
小川町立図書館
  10月8日(火)~10月14日(月・祝)
吉見町埋蔵文化財センター
  10月16日(水)~10月27日(日)
県立嵐山史跡の博物館
  10月29日(火)~12月1日(日)
 比企のタイムカプセル14は、比企地域の縄文時代から近・現代までの様々な「墓」をテーマにして開催します。 史跡や考古資料には、当時の「墓」と深い関わりを持つものが大変多くあります。例えば比企地域に多く残されている古墳は当時の墓であり、発掘調査で出土する遺物としては、お棺や骨壺、死者と共に埋葬された副葬品などが挙げられます。また、中世の板碑や宝篋印塔などは、墓域に立てられた供養に係わる石造物です。 今回展示される考古資料や各時代の紹介文章は、日々の地道な発掘調査によって得られた成果です。こうした調査資料に明治以降の資料を加え、比企地域の墓の歴史をまとめました。これらはすべて、歴史を伝える貴重な文化財です。これらにふれることによって比企の歴史について理解を深めていただくとともに、地域の再認識の一助になれば幸いです。
 
  

 展 覧 会 名 称

 開 催 期 間

内         容
 13.比企の弥生・古墳時代
会期全体
  平成24年8月21日(火) ~12月2日(日)
  終了しました
◆滑川町エコミュージアム
  8月21日(火)~8月26日(日)
鳩山町立図書館
  8月28日(火)~9月2日(日)
ときがわ町アスピアたまがわ
  9月4日(火)~9月9日(日)
東秩父村和紙の里ふるさと文化伝習館
  9月11日(火)~9月17日(月)
嵐山町ふれあい交流センター
  9月19日(水)~9月23日(日)
川島町コミュニティセンター
  9月25日(火)~9月30日(日)
小川町立図書館
  10月2日(火)~10月8日(月)
東松山市埋蔵文化財センター
  10月10日(水)~10月14日(日)
吉見町埋蔵文化財センター
  10月16日(火)~10月28日(日)
県立嵐山史跡の博物館
  10月30日(火)~12月2日(日)
 比企のタイムカプセル13は、比企地域に稲作を中心とした農耕社会が確立した弥生時代から墳丘をもつ古墳が造られた古墳時代をテーマに開催します。 弥生時代は前の縄文時代の「狩猟や採集のくらし」からコメを作る「農耕のくらし」へと人びとのくらしが大きく変わる時代です。また、比企地域は県内でも最も古墳の集中する地域であり、古墳時代には前代の弥生時代と比較して遺跡の数が急激に増加しています。 今回展示される資料のほとんどが発掘調査によって得られた成果であり、地域の歴史を伝える貴重な文化財です。これらにふれることによって比企の歴史について理解を深めていただくとともに、地域の再認識の一助になれば幸いです。

 展 覧 会 名 称

 開 催 期 間

内         容
 12.比企の獅子舞比企の獅子舞
会期全体
  平成23年8月24日(水)~12月4日(日)
  終了しました
東松山市立図書館
  8月24日(水)~8月28日(日)
知識の森 嵐山町立図書館
  8月30日(火)~9月4日(日)
鳩山町立図書館
  9月6日(火)~9月11日(日)
滑川町立図書館
  9月13日(火)~9月17日(土)
東秩父村和紙の里ふるさと文化伝習館
  9月21日(水)~9月25日(日)
小川町立図書館
  9月27日(火)~10月2日(日)
ときがわ町アスピアたまがわ
  10月4日(火)~10月10日(月)
川島町コミュニティーセンター
  10月12日(火)~10月16日(日)
吉見町埋蔵文化財センター
  10月18日(火)~10月30日(日)
嵐山史跡の博物館
  11月1日(火)~12月4日(日)
 比企のタイムカプセル12は、比企地域に伝承されてきた「獅子舞」をテーマに開催します。 比企地域の獅子舞は、一般にササラと呼ばれています。ササラは、花笠所役が手に持つ楽器の名称ですが、獅子舞の名称そのものになっています。 獅子舞は、長い年月にわたり先祖から伝承された郷土の芸能であり、信仰や娯楽など地域の特質を物語るものです。しかし、戦後の社会環境の変化により、伝承者や後継者が不足し、この貴重な民俗芸能が数多く消滅してしまいました。 展示では、獅子舞に使用する獅子頭や衣装の他に、先導役・花笠・囃子方・棒使いなどの所役や、その道具なども紹介します。 現在も活動を続けている保存団体の皆さんにエールを送るとともに、あらためて地域に残る伝統芸能に目を向ける機会となれば幸いです。
 展 覧 会 名 称 開 催 期 間 内容
 11.比企のあけぼの              -旧石器・縄文時代-《会期全体》平成22年8月18日(火)          ~12月5日(日)《当館展示期間》 10月26日(火)~12月5日(日)終了しました詳細
 名  称 開 催 期 間 内容
 10.比企の伝統産業  《会期全体》平成21年8月18日(火)          ~11月29日(日)《当館展示期間》 10月27日(火)~11月29日(日)終了しました詳細
 名  称 開 催 期 間 内容
 9.比企の城《会期全体》平成20年8月19日(火)                      ~11月30日(日)《当館展示期間》 10月28日(火)~11月30日(日)終了しました詳細
 名  称 開 催 期 間 内容
 8.比企の道《会期全体》平成19年8月21日(土)                      ~11月25日(日)《当館展示期間》 10月30日(火)~11月25日(日)終了しました詳細
 名  称 開 催 期 間 内容
 7.比企の札所《会期全体》平成18年7月22日(土)                      ~11月26日(日)《当館展示期間》 10月31日(火)~11月26日(日)終了しました詳細
 名  称 開 催 期 間 内容
 6.比企のまつり《会期全体》平成17年8月26日(火)          ~11月20日(日)《当館展示期間》 10月18日(火)~11月20日(日)終了しました詳細
 名  称 開 催 期 間 内容
 5.比企のお宝《会期全体》平成16年7月17日(土)         ~12月12日(日)《当館展示期間》 10月5日(火)~10月17日(日)と 10月26日(火)~12月12日(日)終了しました詳細
 名  称 開 催 期 間 内容
 4.土の器《会期全体》平成15年7月19日(日)          ~11月30日(日)《当館展示期間》 10月28日(火)~11月30日(日) 終了しました詳細
 名  称 開 催 期 間 内容
 3.緑の石のメッセージ《会期全体》平成14年7月23日(火) ~12月1日(日)《当館展示期間》 10月8日(火)~11月24日(日)終了しました詳細
 名  称 開 催 期 間 内容
 2.はにわ《会期全体》平成13年7月24日(火)~12月2日(日)《当館展示期間》 10月30日(火)~12月2日(日)終了しました詳細
 名  称 開 催 期 間 内容
 1.比企の考古展《会期全体》平成12年7月15日(土)~9月24日(日)《当館展示期間》 7月15日(土)~7月23日(日)終了しました詳細