中世の城と武士の博物館
埼玉県立 嵐山史跡の博物館

鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡の中にある博物館です。

 
畠山重忠公像写真
畠山重忠公像
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。菅谷館跡のニノ郭にある土塁の上に建っています。
 

埼玉県立嵐山史跡の博物館

〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:s625896@pref.saitama.lg.jp
アクセス
 
1793046
2010年7月23日~

続日本100名城スタンプラリーの実施について

 当博物館の建つ国指定史跡「菅谷館跡」は、日本城郭協会より、「続日本100名城」に認定されました。そして、同協会の主催により、平成30年(2018)46日(城の日)から、続日本100名城スタンプラリーを開始しています。
 菅谷館のスタンプは、博物館の展示室受付に設置しています。
 入館時間(=捺印できる時間)は、9:00~16:30(入館は16:00まで)です。
   ただし、7月1日~8月31日は、9:00~17:00(入館は16:30まで)です。

 
月曜日、12月29日~1月3日、企画展の会期前後[今年度は、令和元年11月26日(火)~同29日(金)、令和2年2月18日(火)~同20日(木)]など博物館の休館日は、捺印できませんので、ご注意ください。

 ※ スタンプ帳つきの公式ガイドブック 『続日本100名城 公式ガイドブック』(日本城郭協会監修:本体価格1600円)は、書店で、2018年1月12日より販売しています。当館内では販売しておりません。
 
新着情報
8月17日(土)2019年館跡花だよりを更新しました。
8月7日(水)夏休みこども体験教室1「まが玉をつくろう」(7月27日)同2「厚紙でよろいをつくろう」(8月3日)を実施しました。参加した皆さんの製作風景と作品をご覧ください。
8月7日(水)2019年ヤマユリ日記を更新しました。今年のヤマユリの花の季節は終了しました。
◆7月6日(土)昨日、今年はじめてのヤマユリが開花しました。来週後半には見ごろをむかえる見こみです。「2019年ヤマユリ日記」をご覧ください
◆7月4日(木)夏休みこども体験教室1「まが玉をつくろう」募集終了しました
 夏休みこども体験教室2「厚紙でよろいをつくろう」も募集終了しました
◆7月3日(水)「2019年ヤマユリ日記」をはじめました。
◆6月18日(火)ロビー展示「嵐山町写真クラブ 写真展」開催中です。(8月25日まで)
◆4月1日(月) 完売になっていました「ガイドブック 国指定史跡 比企城館跡群 菅谷館跡」は、内容を一新して再発行しました。展示室受付で販売しています。
◆4月1日(月) 平成31年度の催し物案内を掲載しました。
2月22日(金) 10月20日(日)まで、スポット展示「中世のものづくり3 陶磁器―色を操る―」を開催中です。


《以下、ダイジェスト掲載》
◆平成31年4月1日(月) 「ガイドブック 国指定史跡 比企城館跡群 菅谷館跡」の改訂版を刊行しました。好評販売中!
◆ 平成30年7月17日(火) 館跡花だよりに菅谷館跡自然散策mapを掲載しています。
◆ 平成30年4月6日(金) 続日本100名城スタンプラリーを開始しました。
◆ 平成30年3月30日(金)  展示ガイドアプリを公開しました(現在停止中です)
◆ 平成29年4月9日 4月 6日(木)に菅谷館跡が「続日本100名城」に選定されました。
 
お知らせ
歩きながらスマートフォンを操作する「歩きスマホ」は、大変危険です。
また、館跡内の立入禁止の場所(土塁・堀)には入らないでください
菅谷館内の砂利道は公道(= 嵐山町道)であり、駐車・停車できません。
皆様の、御理解・御協力をお願いします。
コバトン
 
関連リンク  サイトマップ   
(c)Copyright 2016 Saitama Prefectural Ranzan Historical Museum . All Rights Reserved.
 



菅谷館跡

館跡花だより