中世の城と武士の博物館
埼玉県立 嵐山史跡の博物館

鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡の中にある博物館です。

 
畠山重忠公像写真
畠山重忠公像
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。菅谷館跡のニノ郭にある土塁の上に建っています。
 

埼玉県立嵐山史跡の博物館

〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:s625896@pref.saitama.lg.jp
アクセス
 
1793084
2010年7月23日~

2019年度

平成31(令和元年)年度は、平成30年度に引き続き「戦国時代の城館を訪ねる」を共通テーマに、比企地区の3城を巡る予定です。

(1)第89回 平成31年(西暦2019年)4月26日(金)
        内容は、下記を御参照ください。
(2)第90回 平成31年(2019)年6月7日(金) 
        内容は、下記を御参照ください。
(3)第91回 令和2年(2020)2月7日(金)
        内容の詳細が決まり次第、下記に掲載します。

◆第90回 「戦国の山城杉山城跡を訪ねる」
 
申し込み受付は、①申し込み期日を過ぎたこと、②定員に達したことから、終了しました。
 戦国時代の城郭技術を知る上で教科書的な存在と言われる杉山城跡を訪ねます。

 城跡までの経路には、あまり文化財はありませんが、杉山城跡を時間をかけて見学し、城郭技術の巧みさを堪能します。
 なお往路では、嵐山町役場に寄り、続日本100名城のスタンプや杉山城跡の立体模型を見学します。

  期日:6月7日(金)  予定時間 10時~15時30分

  集合・解散場所:東武東上線武蔵嵐山駅改札口

  参加費:障害保険料(100円)

  予定見学場所:杉山城跡、嵐山町役場、鬼鎮神社、志賀観音堂石仏など

  募集人数:40名 

 

*参加を希望される方は、5月14日(火)当館必着で、往復はがきにてお申込みください。

 はがきには、①文化財めぐり2参加希望、②氏名(読み仮名も付してください)、③住所、④電話番号、⑤年齢を記入ください。*読み仮名・年齢は、障害保険に加入する際に必要です。

 なお、応募者が定員を超えた場合は、抽選となります。

【申込先】〒355-0221 
 埼玉県比企郡嵐山町菅谷757 埼玉県立嵐山史跡の博物館




◆第89回 「鎌倉街道沿いの菅谷・大蔵の館跡を訪ねる」
 終了しました。

【内容】鎌倉街道上道の沿道に建てられた武士の館・菅谷と大蔵の館跡や、鎌倉時代に創建された時宗の寺院・向徳寺などを見学します。菅谷館は、武蔵武士の畠山重忠が暮らしていた館です。大蔵館は、木曽義仲の父・源義賢が暮らしていた館で、義仲もここで生まれたといわれています。館跡の近くには義賢の墓と伝えられる五輪塔もあります。うららかな気候のなかで、鎌倉時代の世界への旅を楽しんでみませんか?
【日時】
平成31年4月26日(金)  10:30~15:00(予定)
【集合場所】埼玉県立嵐山史跡の博物館エントランス
【解散場所】東武東上線武蔵嵐山駅
【おもな見学場所】菅谷館跡、嵐山史跡の博物館、向徳寺、大蔵館跡、源義賢墓
【費用】200円(傷害保険料100円、博物館入館料100円)
【定員】40名(応募者が定員を超えた場合は抽選)
【申込】4月3日(水)までに復はがきにて申込(4月3日必着です
往復はがきに(1)文化財めぐり参加希望、参加者全員の(2)氏名、(3)住所、(4)電話番号、(5)年齢を明記のうえ、2月13日(水)必着で嵐山史跡の博物館へ送付してください。はがき1枚で2名まで申込みできます。


◆第90回 「戦国時代の山城 杉山城跡を訪ねる(予定)」

【内容】複雑に重なる折をもつ横堀、急峻な切岸、枡形の虎口、馬出、尾根に連なる郭など、コンパクトな中に、さまざまな要素をもつことで、戦国山城の傑作といわれる杉山城跡とその周辺を散策します。
【日時】2019年6月7日(金)  10:30~15:00(予定)
【申込】5月1日(水)~ 申込受付予定。

◆第91回 「武田・上杉・北条の攻防跡 松山城跡を訪ねる(予定)」
【内容】武田氏・上杉氏・北条氏が争奪戦を繰り広げたことで知られる吉見町の松山城跡とその周辺を散策します。
【日時】2020年2月7日(金)  10:30~15:00(予定)
【申込】2020年1月4日(土)~ 申込受付予定。