中世の城と武士の博物館
埼玉県立 嵐山史跡の博物館

鎌倉時代の武蔵武士・畠山重忠が居住していたといわれる国指定史跡・菅谷館跡の中にある博物館です。

 
畠山重忠公像写真
畠山重忠公像
昭和4年(1929)に造られた竹筋コンクリート製の像です。平成23年度に嵐山町の文化財に指定されました。菅谷館跡のニノ郭にある土塁の上に建っています。
 

埼玉県立嵐山史跡の博物館

〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
Tel:0493-62-5896(代表)
Fax:0493-61-1060
e-mail:s625896@pref.saitama.lg.jp
アクセス
 
1793092
2010年7月23日~

特別講演会

この催しは 終了しました

特別講演会
「戦国武将と城郭」
【日 時】
平成31年1月27日(日) 13:45~15:30
【内 容】企画展「越山―上杉謙信侵攻と関東の城―」と連携した特別講演会です。
戦国時代の武将の活躍と城郭の特長などについて、武将や城郭に詳しい歴史学者で静岡大学名誉教授の小和田哲男(おわだ てつお)氏にご講演いただきます。
 小和田氏は、史実に基づいた戦国武将の活躍などから現代を生きるヒントを探っておられ、数多くの研究を積み重ねられた他、NHKの「おんな城主 直虎」、「歴史秘話ヒストリア」等、多くの歴史番組での時代考証や解説も担当していらっしゃり、財団法人日本城郭協会の理事長も務めておいでです。
 この機会に戦国時代の武将の生き方を学び、現代の暮らしを考えるきっかけとしていただければ幸いです。
【講 師】小和田哲男 氏(静岡大学名誉教授・日本城郭協会理事長)(写真)


【定 員】500人(受講希望者が定員を超えた場合は抽選となります。先着順ではありません。)
【会 場】 国立女性教育会館 研修棟内の講堂 (嵐山町大字菅谷728) 
       東武東上線 武蔵嵐山駅下車徒歩15分 嵐山史跡の博物館隣り
               ※ 相当な混雑が予想されます。お車でのご来場はお控えください。
【費 用】一人500円 

【申込方法】 申し込み受付開始は、12月1日(土)から
  62円
往復はがきに、必要事項[①「特別講演会受講希望」、②氏名③住所④電話番号]を明記の上、平成31年1月8日(火)以前に当館必着になるよう、投函してください。はがき1枚につき、2名までの申込みが可能ですが、その場合には、2名分の必要事項を必ず記入して下さい。また、返信はがきにも、郵便番号・住所・氏名を記入ください。なお、同一の方が、何通もお申し込みされた場合は、1通のみ有効な申込みとさせていただきます。

  催し物ごとにお申込みください。はがき1通で、複数の催し物の申し込みはできません